欧州最先端の分析術とは?

¥1,480

 

欧州の最先端の分析術は「企業秘密」であり、なかなか日本まで伝わってこない。バルセロナの名助監督に食い込み、そのノウハウを知っているのが白石尚久だ。白石はスペイン4部で監督経験があり、本田圭佑の個人分析官を経て、オランダ1部やベルギー1部でトップチームのコーチを務めた。白石に話を聞き、ルイス・エンリケらの秘密に迫る。

 

*写真はルイス・エンリケ流の分析パネル

 

購入(支援)済みの方はこちらへ(記事の閲覧ページへ移動します)

 


この記事の購入を行うにはログインが必要です。
ログイン
カテゴリー:

説明

(取材・文)木崎伸也

 

【目次】

・まえがき

1章:コンペティションユニットとは何か

2章:ルイス・エンリケ流・攻撃分類術

3章:ダブルボックスを分析せよ

4章:バルサ流・個人分析術

5章:ACミランで何を変えたか

6章:GPSデータの見方

・あとがき

 

 

 

コメント

コメントはまだありません。

この記事の購入を行ったログイン済みのユーザーのみコメントを残すことができます。